性器周辺の陰毛の痒みは、蒸れない機能性下着で解消!


性器周辺の陰毛に起こる痒みは、毛穴の奥に黄色ブドウ球菌やマラセチア菌などの常在細菌が入り込み、毛を取り囲む組織(毛包)に炎症や化膿が起こるために起こります。
また、毛穴に汗や皮脂などの老廃物が溜まったままになると、汗疹やニキビができるため、それが痒みの原因になる事もあります。




陰毛の痒みに!

蒸れない男性下着

陰毛の痒み 毛包炎(毛嚢炎)の原因


 

毛包炎は、毛穴の奥にある毛包(毛嚢)に、ブドウ球菌やマラセチア菌(真菌)などの常在菌が感染する事によって起こります。

 

下着が汗で湿っていたり、陰部に汗や尿などの汚れが溜まっている状態で、長時間過ごしていると、陰毛の毛穴周辺で細菌が増殖しやすくなりますので、毛穴や毛包に炎症が起こりやすくなります。

 

寝不足や疲労などから、体の疲れが溜まっていたり、ステロイド剤(免疫抑制剤)を塗っている場合には、細菌が異常繁殖を起こしやすくなるため、毛包炎などの感染症を起こしやすくなります。

 

また、毛穴に汗の成分が溜まったままの状態で汗疹ができ、そこに細菌が感染して湿疹ができたり、皮膚が赤くなる事もあります。

毛穴や毛包の痒みは、陰毛に寄生するシラミ(毛ジラミ)がついている場合や、皮膚の角質層に入り込むニキビダニ(疥癬虫)が寄生している場合もあります。
これらの寄生虫感染症は、ステロイド(副腎皮質ホルモン剤)の長期使用や、免疫疾患がある場合には、寄生虫が急激な増殖を起こして症状がひどくなる事があります。
皮膚の痒みがなかなか治らない場合には、このような寄生虫感染症の可能性も考え、早いうちに皮膚科を受診するようにしましょう。